• Facebook
  • Instagram
Beautiful-nature-grass-trees-bushes-green-sunshine_1024x768.jpg

リベラルアーツとしての音楽

音楽で世界を学ぶ

音楽ジャーナリスト・菅野恵理子

音楽で世界を学ぶとは?

これまで、世界トップレベルの大学での音楽教育(ハーバード大学やMITなどでのリベラルアーツ教育)、子どもの才能教育(フランスの芸術教育など)、様々な国際音楽コンクール(ショパン、エリザベート王妃、ヴァン・クライバーンなど)を取材・リサーチしてきました。

その中で、「自分を知ること、世界を知ること」がいかに大事かに気づきました。世界を知るほど、自分が分かる。自分を知るほど、世界が分かる。世界と自分は呼応しあっているのです。

たとえば

一つの音に感情が動いたり、

一つのリズムに心が浮き立ったり、

一つのハーモニーに深く癒されるのは、

その音が広く深い世界に通じているから。

その音を辿っていくと、見えてくるのは、作曲家が人生をかけて創り上げた音の世界です。そこに入り込み、深く共鳴することで、自分の中にある感覚がどんどん広がり、また研ぎ澄まされていきます。”まだ見知らぬ自分”に出会えるかもしれません。

もっと自分を世界に向けて表現していきたい、世界を創造していきたい。そんな感性を育てるプログラム、「音楽で育てるクリエイティブ・マインド」を創りました。

いざ、音楽という扉を開けて、

広い世界へ、

奥深い世界へ、

見えない神秘の世界へ。

Alps-golden-wheat-fields-trees-and-cloudy-sky_1024x768.jpg

音楽で学べる3つのこと

1.音楽で身体知を高める

”聴くこと”は、世界をひらく扉です。聴覚を通して認識したものが、その人にとっての「世界」となります。​五感による知覚の割合は、視覚8割以上に対して、聴覚は1割ほどしか使われていません。まだまだ聴覚には潜在能力が眠っているはずです。

 

 

2.音楽で人間や世界を知る

今、社会ではリベラルアーツの学びが広まっています。リベラルアーツの起源は古代ギリシアに遡ります。知ることで自由になる―音楽を通して人や世界について学んだり、創造力や探求力を身につけたりしながら、豊かな感覚を育みましょう。

 

 

3.音楽で創造力を育む

今は、予測不能といわれるVUCAの時代。私たちは時代の境目にいます。次の時代を導くのは、繊細な感覚や心の声。自分の感覚を研ぎ澄ませ、「どんな世界を創りたいのか」を考えるとき、音楽は良いヒントとなるでしょう。

開講中のプログラム