• Eriko

家庭画報「チャイコフスキー特集」がオンラインに

昨年取材・執筆協力させて頂いた『家庭画報』2021年1月号の「心に寄り添うチャイコフスキー」特集が、オンラインでお読み頂けます


長年チャイコフスキーのパトロンであったフォン・メック夫人と交わした1220通の手紙から見えてくる素顔、オペラ「スペードの女王」初演の秘話、本邦初公開チャイコフスキーゆかりの写真の数々、小林健一郎さん(指揮者)・藤田真央さん(ピアニスト)・千住真理子さん(ヴァイオリニスト)などアーティストインタビュー、一柳富美子さんと沼野雄司さんの音楽学者対談など、盛りだくさんの内容です!


最新記事

すべて表示

この度、21世紀政策研究所(経団連シンクタンク)のニュースレターに寄稿させて頂きました。 http://www.21ppi.org/newsletter/index.html 『クリエイティブ・エコノミー、サステイナブルな資本主義に向けたリベラルアーツの試み ─企業活動と音楽、美術、歴史─』特集内です。 今春、同研究所で講演させて頂いた内容を元にまとめたものです。(「グローバル社会の未来を導く感性

日経xwomanのARIAアカデミーにて、「イノベーション力を伸ばす、MIT音楽の授業」第2回目インタビュー記事が公開されました! 第2回:「MIT学生はザ・ビートルズや世界の音楽から何を学ぶか?」~問いを投げかけ、自ら考えさせることから始まるMITの音楽授業。知的興奮に満ちたその授業の中身とは? 専攻に関わらず、誰でも受けられる4つの音楽授業をご紹介しております(「ワールドミュージック」以降は有

日経WomanのARIAアカデミーにて、インタビュー記事が掲載されました!拙著『MIT音楽の授業』を踏まえながら、ビジネスパーソンに求められる力を音楽でどう培うのか、などを語っております。ぜひお読み頂ければ嬉しいです。 2ページ目以降は有料会員限定になります(人文学の学びを重視する背景にある問題意識/技術力だけではイノベーションは起こせない/音楽を聴くことは、自分の内面を見つめること)。 インタビ