21世紀政策研究所にて講演&ニュースレター寄稿!

この度、21世紀政策研究所(経団連シンクタンク)のニュースレターに寄稿させて頂きました。 http://www.21ppi.org/newsletter/index.html


『クリエイティブ・エコノミー、サステイナブルな資本主義に向けたリベラルアーツの試み ─企業活動と音楽、美術、歴史─』特集内です。

今春、同研究所で講演させて頂いた内容を元にまとめたものです。(「グローバル社会の未来を導く感性は、音楽で育まれる~アメリカの大学・企業事例より」)


同研究所では、過度な市場原理を見直し、創造力の源泉であるリベラルアーツについて研究するプロジェクトや、民主主義に関するプロジェクトなどが進められています。いずれも興味深いアプローチです。


今時代の変わり目において、人間観・社会観・自然観が大きく変化していますが、その中でリベラルアーツの考え方が広まり、芸術や音楽の潜在的な価値も見直されてきています。アメリカでは、企業と芸術団体の関係性が、従来のスポンサーシップから、パートナーシップへと変化しているようです。これは興味深い変化。そして実は、自然なことではないかと感じています。ぜひ↑お読み頂ければ嬉しいです。

最新記事

すべて表示

朝日カルチャーセンターの夏期講座にて、「音楽の可能性~耳をひらいて創造力を高める」の講師をさせて頂きます。7月2日~9月17日まで、隔週土曜日10:30~12:00となります。詳細は下記ご覧くださいませ。ご興味ある方、ぜひお待ちしております!(オンラインのみ。立川教室主催) 【WEB割】音楽の可能性 | 立川教室 | 朝日カルチャーセンター (asahiculture.jp) 第1回 他者との出会

日経xwomanのARIAアカデミーにて、「イノベーション力を伸ばす、MIT音楽の授業」第2回目インタビュー記事が公開されました! 第2回:「MIT学生はザ・ビートルズや世界の音楽から何を学ぶか?」~問いを投げかけ、自ら考えさせることから始まるMITの音楽授業。知的興奮に満ちたその授業の中身とは? 専攻に関わらず、誰でも受けられる4つの音楽授業をご紹介しております(「ワールドミュージック」以降は有

日経WomanのARIAアカデミーにて、インタビュー記事が掲載されました!拙著『MIT音楽の授業』を踏まえながら、ビジネスパーソンに求められる力を音楽でどう培うのか、などを語っております。ぜひお読み頂ければ嬉しいです。 2ページ目以降は有料会員限定になります(人文学の学びを重視する背景にある問題意識/技術力だけではイノベーションは起こせない/音楽を聴くことは、自分の内面を見つめること)。 インタビ