• essugano

慶応女子高の紀要論文執筆のきっかけに

Updated: Feb 3, 2020


慶応義塾女子高校 音楽講師の小川枝里子先生(高校3年生・器楽授業担当)が、紀要論文を送ってくださいました。タイトルは『学校教育における授業《器楽》についての考察』→紀要抜刷のPDFはこちら

戦後の高等学校教育のカリキュラムにおいて、音楽の授業が減少する現状を憂いていたところ、拙著『ハーバードは音楽で人を育てる』に出会ったとのこと。アメリカの大学におけるリベラル・アーツの考え方や、その中の音楽の位置づけなどを知り、「なぜ音楽(器楽)の授業をするのか?生徒に何を伝えるべきなのか?」をあらためて自分自身に問いかけ、やはり音楽の授業は必要だと確信し、論文を書くきっかけになったそうです。 論文には、小川先生が開発した「ラルモニー(l'Harmonie)合奏教育メソード」をとおして、演奏経験や技術の異なる学生たちをどう束ね、楽曲を決め(バッハ、ヘンデル、サン=サーンス、校歌の編曲等)、どう授業を進めたのか、その工夫に富む授業内容や学生たちの成長の経過が記されています。学生の皆さんは、演奏映像の自己評価を通して、お互いの音を聞きながらより良い演奏を模索したり、自ら主体的に音楽へ関わるようになったりと、一年で大きく成長したようでした。 なお合奏授業の意義として、「音色・音域・解釈の多様性」から合唱以上に教育効果が期待できること、今できる最高の美しさを目指すことで美意識を鋭敏にすること、が挙げられています。ご興味ある方は、ぜひこちらのPDFをご覧ください!

名門進学校では音楽や芸術の教育にもしっかり力を入れているのが印象的です。以前取材した開成中学・高校や、東京学芸大附属国際中等教育校でも充実した音楽の授業が行われていました。こうした独創的な授業が広がるといいなと思います。


0 comments

Recent Posts

See All

『未来の人材は音楽で育てる』掲載曲のプレイリスト公開!

『未来の人材は「音楽」で育てる』でご紹介した曲の一部を、spotifyプレイリストにまとめました。ぜひ本を読みながら音楽もお楽しみください!歌劇、交響曲、組曲、ソナタなどは一部抜粋にしてありますのでご了承ください。 《目次》 (1)多様性から新しいヴィジョンを生み出す人──身近な多様性に気づき、グローバルに活かす  【バルトーク、ストラヴィンスキー】 (2)ソーシャルなマインドを

北海道新聞で『未来の人材は音楽で育てる』が「今年の3冊」に!

12月23日付の北海道新聞にて、拙著『未来の人材は音楽で育てる』が、今年の3冊のひとつに選ばれました!選者は京都大教授の根井雅弘教授。現代にも通じる、歴史上の音楽家たちの精神から学ぼうという”興味深い人材育成論”と評して頂きました。様々な分野の方にお読み頂きたいと思っていますが、経済学のご著書を多く出版されている教授に、このような機会に選んで頂いて光栄に思います。 ・北海道新聞サイトの紹介記事より