• essugano

リトミック&聴音を組み合わせた教材


リトミック&聴音を組み合わせた教材が作れないかなとずっと考えていましたが、だいぶ構想ができました。少しずつ提案していけたらと思います。

まずはモーツァルト『きらきら星変奏曲』("Ah! Vous dirai-je Maman")を使ったエクササイズです。「音を聴く」→「身体を動かす」→「楽譜を書きうつす」というシンプルなもの。Youtubeの映像とワークシートを組み合わせてご活用ください。お子さん、大人の方もぜひどうぞ。

ご興味ある方は、連載『耳をひらく~グローバル時代の聴力』もお読みくださいね。


0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」