• essugano

イベント@大手町でワークショップ開催!


7月26日19時~、大手町にある「3×3Lab Future」にて、新刊出版記念セミナー&ワークショップが開催されました。音楽関係者、ビジネスパーソン、学生さんなど、様々なバックグランドの方にお集り頂きました。大手町ならでは!

前半は、今なぜリベラルアーツが広まっているのか、リベラルアーツとしての音楽にはどんな起源と歴史があり、どんな学びができるのか、リベラルアーツはイノベーションにどう関わるのか、等々の話。

後半のワークショップでは「”私”をより広い世界観でとらえる~思考を解放し、広げ、つなげよう!」をテーマに、下記の音源をかけながらアクティビティを行いました。リズム、拍子、音程などリトミック的な要素を取り入れたものでしたが、皆さん積極的に動いてくれました。

ラヴェル:『ボレロ』

ストラヴィンスキー:『春の祭典』

メシアン:『鳥のカタログ』より「ヒメコウテンシ」

ペルト:『アリーナのために』

ショパン:前奏曲第15番「雨だれ」

モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番

制約からいったん解放されること、より広い世界や自然に耳を傾けること、未知の中に新たな調和を見つけこと、それを体感して頂けたかなと思います。皆さんにもシェアして頂いた中で、リベラルアーツは「越境すること」という感想も出てきました。終演後の懇親会では皆さんとお話しさせて頂きましたが、それぞれに目的意識を持った方々で、充実した時間となりました!

写真を撮り忘れたので広報写真のみ。


0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」