• essugano

Shigeru Kawai季刊誌『エレガンテ』へ寄稿


先日、Shigeru Kawaiオーナー向けの季刊誌『エレガンテ』6月号に寄稿させて頂きました。「音楽で知能の可能性をひらく」と題し、音を認知するプロセスや、音と身体を調和させること、知覚の領域を広げて豊かな表現者になること、について書いています。

特に初期段階において、音に身体を反応させながら「自分はどう感じるのか」と感覚に意識を向けたり、音楽の諸要素について「なぜこうなっているのかな」と好奇心をもって問いかけることは、すべての原動力になります。またそれを身体で知覚するためにリトミックやソルフェージュがあり、それは外国語学習法(シャドーイングやディクテーション)と似ていますね。

ご興味ある方はこちらもどうぞ!オンライン連載「耳をひらく」


0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」