• essugano

「人を育てる音楽とは?」ゲンロンカフェ出演のお知らせ


9月14日(木)19時より、「人を育てる音楽とは?」というテーマで、ゲンロンカフェに出演いたします。『音楽を考える人のための基本文献34』の著者で音楽学者の椎名亮輔さん、音楽社会学者の井手口彰典さんも登壇されます。

これからの音楽教育についてお考えの方、音楽を学んでいる方、学んだ音楽をどうやって活かそうかなと考えている方、音楽好きの方、哲学・文学・美学にも興味がある方、リベラルアーツに関心のある方、などなど。一緒に考える機会になればと思います。当日のご来場、または配信のご視聴をお待ちしています!

「人を育てる音楽とは――プラトンから現代 までのリベラル・アーツとしての音楽を考える」 http://peatix.com/event/285087

ライブ配信はこちらへ!

ゲンロンカフェは評論家・思想研究家の東浩紀氏が主宰し、様々なテーマでトークが行われていますが、クラシック音楽に関しては今回が第2弾!オンライン視聴もできます。


0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」