• essugano

ピティナ音楽総合力Upワークショップ、12月に出演


音楽を様々な角度から学ぶ連続講座「ピティナ音楽総合力UPワークショップ」、2017年度に出演させて頂くことになりました。『人を育てる「音楽」~音楽の意義を再発見する』というテーマで、広大な音楽の世界から、何を見出し、どう向き合うのか、についてお話させて頂く予定です。テーマが少々大きいのですが、、日ごろ向き合っている音楽がどんな広い世界につながっているのか、を考えるきっかけになればと思います。出演は12月13日(水)予定です。

連続講座は今年4月から始まっており、演奏家、指導者、作曲家、音楽学者など、10名の講師が各々の立場から音楽を語られます。今年は雅楽の方も1名いらっしゃいます。(会場・eラーニング参加、通年受講のみ)とても楽しみです!


0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」