• essugano

ゆっくりした動きからの気づき


最近毎朝ヨガをしていますが、ゆっくりした動きというのは、色々なものを気づいたり、見直す機会を与えてくれますね。

以下は2014年4月のFB投稿より。

ある意味、静かな衝撃でした。。

”パリのグランパレで開催中のビル・ヴィオラ展(Bill Viola)にも行きました。米国のビジュアルアーティストで、絵画のような構図の中で展開される超スローモーションの動きなどが特徴です。こちらの会場も人気でした。

たとえば”The quintet of the astonished” は普通の人物画のようですが、15分の間に表情と仕草が少しずつ変わっていきます。普通に撮れば数十秒ほどの出来事を15分に延ばしているので、あまりに動きが遅くて途中で飽きてしまいそうですが、思わず見入ってしまうのがこのアーティストの作品。時間をゆっくり進めると、驚愕した時の表情や心情の変化、5人それぞれの受けとめ方の違いがよく分かります。

彼の作品は日本を含めて世界中で巡回・展示されているようで、ヴァン・クライバーン国際コンクールの時に現代美術館で初めてみた時は、静かにひたひたと心に迫ってくるような、圧倒的なインパクトを受けました。 "Ascension"とか、その他作品もシンプルな構図とひねったコンセプトが面白いです。vimeoなどで作品が見られるので、静止画に近い状態で10分以上耐えられる方はぜひ!”


0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」