• essugano

連載『今こそ音楽を!』が、ピティナ調査報告書として音大図書館納入へ


昨年1年間連載していた『今こそ音楽を!』が、ピティナ調査報告書として全国の音大図書館などに納入されることになりました。

この連載は「今なぜ音楽を学ぶのか?」「音楽にはどんな潜在的な力があり、それをどのように生かしていけばいいのか?」など、6つの観点から音楽教育の未来像について考えたものです。第1章第1回目「表現する力」から、第6章第6回目「他の世界ともつながる、音楽の豊かなポテンシャル」まで、全39回分あります。各章ごとにまとめてPDFでもお読み頂けますので、ぜひご覧頂ければ幸いです。

なお調査報告書第1号(子供の可能性を開くアート教育〜フランス編)、第2号(アメリカの大学にはなぜ音楽学科があるのか)も、こちらからPDFでご覧頂けます。


0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」