• essugano

月刊ショパンに中村紘子先生追悼メッセージ&ピティナ特級記事を寄稿


月刊ショパン10月号に、中村紘子先生追悼メッセージ、ならびに、ピティナ特級決勝のリポート記事を寄稿させて頂きました。

今年7月にご逝去された中村紘子先生。その前月にインタビューをさせて頂いたときは、お元気そうにユーモアを交えながら答えて下さっており、いまだ信じられない思いです。「好奇心と情熱をもって生きて、音楽をクリエイトして!」というメッセージを若い世代に託されました。あらためて心よりご冥福をお祈りいたします。

ピティナ・ピアノコンペティション特級では、ファイナル&セミファイナル熱演を聴かせて頂きました。今年はある兆しを感じました。それは・・!?

#音楽教育業界リサーチ

0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」