• essugano

『ハーバード大学は「音楽」で人を育てる』討論会のリポート公開


7月6日、拙著『ハーバード大学は「音楽」で人を育てる』(アルテスパブリッシング)をテーマにした討論会式勉強会が開催されました。今回は同著をお読み頂いていることを前提に、「未来の社会はどうなっているのか?そこで音楽家は果たす役割は何か?」という中長期的なテーマを設定させて頂きました。それぞれの体験や知見を交えながらの、白熱したディスカッションとなりました! 講義の概要、討論会の議事録(1ページ目)、および出席された皆様からのリポート(2ページ目)をご紹介しています。

『ハーバード大学は「音楽」で人を育てる』

講義&討論会議事録

http://www.piano.or.jp/report/04ess/livereport/2016/08/12_21588.html

出席者リポート

http://www.piano.or.jp/report/04ess/livereport/2016/08/12_21589.html

※現在なぜかリンクの編集ができないため・・

アドレス表示で失礼します。


0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」