• essugano

月刊English Journalにインタビュー掲載


この度「月刊English Journal」9月号にインタビューが掲載されました(8/6発売)。私も学生時代に一時読んでいた雑誌で、大変感慨深いです。音楽ジャーナリストになったきっかけや、拙著「ハーバードは音楽で人を育てる」について、また今後の抱負として、音楽のリベラルアーツとしての可能性を日本で広めていきたいことなど、端的にまとめて下さいました。また取材ノートも掲載されております。自分でも読めないほどの走り書きでお恥ずかしいですが、、あれこれ考えながら点と点を結んでいく作業は好きですね。よろしければご覧頂ければ幸いです。表紙の目印はシャーロック・ホームズです!

◎ 月刊English Journal (アルク)

http://www.alc.co.jp/ej/

◎ 紹介記事(アルテスパブリッシング内)

http://artespublishing.com/media/1609_englishjournal_suganoeriko/


0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」