• essugano

『ハーバードは音楽で人を育てる』韓国で出版決定!


今夏出版された『ハーバードは「音楽」で人を育てる』(アルテスパブリッシング刊)が重版、また韓国でも出版されることが決定しました!多くの方にお読み頂けて嬉しく思います。音楽のもつポテンシャルの大きさ、広さ、深さ。それがリベラルアーツとして古代からどう学ばれてきたのか、現代にどう生かすことができるのか。アメリカの事例から何か得るものがあれば幸いです。

“Harvard University Nurtures People through Music – The Forefront of the Liberal Arts Education of 21st century in American Universities”, which was recently published in Japan, will also be published in Korea! This book illustrates the music learning as liberal arts and as professional study in American universities, and explores how music has been infiltrated into society. It also traces the history of music study as liberal arts from ancient Greece, up to the 19th century when the music department was initially established in Harvard.


0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」