• essugano

第17回ショパン国際コンクールを経て、今後に向けて


今年10月、ポーランドにて行われた第17回ショパン国際コンクールに行ってまいりました。今回も素晴らしい演奏を多く聴くことができました!日本でもネットを通して多くの方が視聴されたことと思います。こちらが第一次予選~ファイナルまでの現地速報リポートです。

すでに放送は終了しておりますが、先月東京FM系ラジオ番組Music Bird特別企画『速報!ショパン・コンクール2015現地レポート~おめでとう!チョ・ソンジン感動のライヴ』に出演させて頂きました。優勝者チョ・ソンジンさんの演奏、その他印象に残ったコンテスタント、現地の様子などについてお話させて頂きました。

また今コンクールを振り返りながら、さらにこれまでのアーティストインタビューなどを交えながら、「自分で演奏を創造するために」何が必要なのかを考えました。ご参考になれば幸いです。

*2016年1月下旬には優勝者・入賞者6名が来日、全国5都市でガラコンサートが開催されます!


0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」