• essugano

『生徒を伸ばす!ピアノ教材大研究』が出版


『生徒を伸ばす!ピアノ教材大研究』が出版されます(ヤマハミュージックメディア刊・ピティナ協力・1月28日発売予定)。現在第一線でご活躍中のピアノ指導者&作曲家10名のインタビューをまとめた本です。

今世界中には数えきれないほど多くのピアノ教材があります。そして生徒さんの個性もさまざま。ピアノの学び方が多様化した今、あらためて問いかけたいのは「音楽を学ぶ上で大切なことは何か」ということ。インタビューでは、どのようなピアノ教材を使い、どう活用しているのか、音楽を教える上で何を大...事にされているのか、等をお伺いしました(レッスンリポート付)。やはりそこには、どなたも大切にされている共通点がありました。お手持ちの教材を見つめ直したり、新しい活用法を考えたり、新たな教材に出会ったり、もう一度新鮮な目で教材と向き合う機会になればと思います!ぜひお手にとってお読み頂ければ嬉しいです。

◎インタビュー(登場順):轟千尋先生/丸山京子先生/斉藤浩子先生/安倍美穂先生/根津栄子先生/松田紗依先生/江崎光世先生/石井なをみ先生/秋山徹也先生/糀場富美子先生

#音楽教育

0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」