• essugano

音楽×他教科を融合させたプログラム(米・小学校の事例)


アメリカの民間音楽支援に関する取材の中で、興味深い点がいくつもありました。その一つが、音楽と他教科を融合させたプログラムを、小中学校で展開していること。アメリカでは日本のように義務教育として音楽が教えられていないため、音楽や美術クラスの有無は、各州・学区・学校に委ねられています。そこで民間のNPOやアーティストが学校と組んで、授業を行っているのです。こちらに、シカゴとテキサスの事例をご紹介しています。シカゴはラヴィニア音楽祭(Music Discovery, Ravinia Festival)が、テキサスはヴァン・クライバーン財団(Musical Awakening, Van Cliburn Foundation)が取り組んでいるプログラムです。

#音楽教育 #フェスティバル

0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」