• essugano

アメリカの音楽業界は誰の手によって支えられているのか?


2013年も半年が過ぎようとしていますね。光陰矢の如しです。 今年前半は、アメリカの音楽業界が誰の手によってどのように支えられているのかをリポートしました。日本とは少し文化風土は違いますが、それでも学べるヒントが盛りだくさん!詳しくはこちらをご覧ください。『アメリカでは、なぜ音楽に民間支援がつくのか?』全10回の連載です。

#音楽教育業界リサーチ

0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」