• essugano

「アメリカの大学にはなぜ音楽学科があるのか?」番外編公開!


6月は、「アメリカの大学にはなぜ音楽学科があるのか?」リポートを4回連載でお届けしました。その番外編として、2名のアーティスト・インタビューが公開されました。ヴァイオリニストで2012エリザベート王妃国際コンクール審査員も務められた諏訪内晶子さんは、17歳でエリザベートコンクール2位、18歳でチャイコフスキーコンクール優勝後という輝かしい経歴をお持ちですが、その後ジュリアード音楽院留学、コロンビア大学で政治思想史も学ばれたそうです。インタビューでは、ご自身のエリザベートコンクール体験、新曲への取り組み、また政治思想史を学んだ経緯などをお伺いしました。詳しくはこちらへ。またピアニストのジョン・ナカマツ氏は、スタンフォード大学・大学院で言語学(ドイツ語)を学び、その後6年間の教職を経て、28歳でヴァン・クライバーン国際コンクールで優勝という稀有なプロフィールを持つピアニスト。「進路選択に迷いはなかった」というナカマツ氏ですが、小さい頃から受けてきたバランスの良い音楽教育が彼を支えていたようです。詳しくはこちらへ。

#音楽教育

0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」