• essugano

ジーナ・バックアゥワー国際コンクールでハイレベルな競演


6月18日~30日まで、米ユタ州ソルトレイクシティにてジーナ・バックアゥワー国際コンクールのジュニア部門(11~13歳)、ヤングアーティスト部門(14~18歳)が開催され、取材に行ってまいりました。眼を閉じて聴いていると、とてもこの年齢の子たちが弾いているとは思えないほど、レベルの高い競演が繰り広げられました。ジュニア部門ではベートーヴェンのワルトシュタインソナタやプロコフィエフ協奏曲3番を見事に弾いた山崎亮汰さん(13)が優勝、ヤングアーティスト部門ではベートーヴェンの熱情ソナタやスクリャービン2番等で魅了した小林愛実さん(16)が3位入賞しました。優勝はイタリアのレオナルド・コラフェリーチェさん(16)。詳しくはこちらへ。

#国際コンクール

0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」