• essugano

フランスの可愛らしい子ども向け曲集


「ミュッセ」という1曲から楽譜が購入できるオンデマンド出版サービスがあります。昨年フランスのルモワンヌ社の作品をご紹介させて頂きましたが、その中から何曲かコンクールの課題曲に選ばれました。 曲集『子供の花園(Jardin d'enfants)』より、「明るい朝」が2011年度ピティナ・ピアノコンペティションB級で、「小さな物語」、「公園の散歩」が第26回長野県ピアノコンクールで採用されました。これはフランスの近現代作曲家30名による子供向けの作品を集めた曲集ですが、フランスらしい透明感あるハーモニーや色彩感が楽しめます。もちろん、1冊分まとめての購入も可能です。その他、「不思議な動物たち」シリーズや「アリサの楽しい夢」など、子供向けの可愛らしい曲集がたくさん!また大人向けには、タイユフェールの「ピアノ即興曲」、ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」(四手連弾)、フランスの現代ピアノ小品集、フランスもの以外ではピアソラの「タンゴ風エチュード」(2011年度ピティナ・ピアノステップ課題曲採用)などもあります。ぜひチェックしてみて下さいね。⇒フランスの曲集ページへ

#音楽教育

0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」