• essugano

音楽とファッションのコラボレーション映像(英国)


音楽と他芸術のコラボレーションは最近よく行われていますが、こちらは音楽とファッションを融合させた映像「Cocoon」(繭)。一糸まとわぬ姿でガラスのコクーンの中で怯えるような女性、そして背後に流れる太い男声。美しい映像の背後に、「抗えぬ運命」というストーリーが存在するようです。その前半をドラマティックに飾るシャネルやヴィクター&ロルフのクチュールも見事。 監修・制作・音楽担当は、新進気鋭の英国人作曲家フィリップ・ニール・マーティン(Phillip Niel Martin)。2003年度武満徹作曲賞で3位入賞。その後日本に1年滞在していましたが、日本文化が持つ「空間」の概念に強い興味を示していたのが印象的です。この映像のどこかにも生かされているかもしれませんね。

#音楽とアート

0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」