• essugano

国際コンクールのライブ中継


最近国際コンクールではライブ中継が日常的に行われるようになりました。現在もいくつか中継実施中のコンクールがあります。まず世界三大国際コンクールとして名高いエリザベト王妃国際コンクール(ベルギー)。3年毎にピアノ・ヴァイオリン・声楽部門が順繰りに開催されますが、今年は声楽部門です。9日にセミファイナルが始まり、こちらでその様子がご覧頂けます。また本日からルービンシュタイン国際コンクール(イスラエル)の第一次予選が開始されます。ライブ中継はこちら! 今年は大コンクールの開催が続きますね。6月にはチャイコフスキー国際コンクール、7月にはクリーブランド国際コンクール(米)、10月にはリスト国際ピアノコンクール(独ワイマール・バイロイト)、12月にはベートーヴェン国際コンクール(独ボン)など。ところで先日、チャイコフスキー国際コンクール開催に先立ち、記事を書かせて頂きました(月刊ショパン5月号)。今回は本審査に進出する30名のうちロシア勢が多く、続いて韓国・中国勢。日本人は一人ですが、ぜひ健闘してほしいですね。全出場者、審査員はこちら。審査員にアジア系が一人いてもよかったのではと思いますが。全てライブ中継される予定で、コンクール側では全世界100万人の視聴者を想定しているようです。楽しみですね。

#国際コンクール

0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」