• essugano

ピティナ・ピアノコンペティション特級でtwitter企画実施(ぶらあぼ8月号)


第34回を迎えるピティナ・ピアノコンペティションでは、「コンクールの面白い聴き方」を提案するため、Ustreamとtwitterを利用し、コンクールを中継しながら4名のオピニオン・リーダーによる論評を配信します。詳しくはこちら。その4名とは、音楽ライターの飯尾洋一さん、雨宮さくらさん、ピアニストで2005年度特級グランプリの金子一朗さん、そして華道家の假屋崎省吾さん。実施日は8月19日(特級セミファイナル)と22日(特級ファイナル)。同コンクールではこれまで、「聴衆賞」を設置して入場料の半額を受賞者に授与するなど、数々の面白い企画を実施。詳しくはぶらあぼ8月号記事をご覧下さい!*Webぶらあぼ

#国際コンクール

0 comments

Recent Posts

See All

私が「耳がひらいた」と思った瞬間

皆さんは今まで、どんな音を聴いてきましたか? 今は、どんな音を聴いていますか? 私が子どものころ、最初に聴いたのはチャイコフスキーのバレエ音楽でした。5歳の頃からピアノを習い、チェルニー、ブルグミュラー、モーツァルト、バッハ、ショパンなど色々弾きました。今でも忘れないのが小4の夏休みにした、アルトゥール・ルービンシュタインのショパン演奏を聴きながら、それを真似して弾くという遊び。真似するとなると、

『耳は世界への扉』関連ブログを始めました!

『耳は世界への扉』ポッドキャスト番組開始にあたり、同じタイトルのブログを始めました!こちらは読み物中心となります。どうぞよろしくお願いいたします。 Vol.1 「耳が自分の世界を創る」 Vol.2「音楽は情と知に働きかける」 Vol.3「音楽はどのように聴かれるのか?」