• Eriko

芸術家直筆の署名をデザイン化したカレンダー



ミサワホームさんより、毎年恒例アーティストカレンダーを頂きました。毎年一人の音楽家・芸術家直筆の数字や署名がデザインに組み込まれていて、なかなか素敵です!


2022年はワシリー・カンディンスキー。「芸術に科学を」を掲げ、円、直線、曲線などをモチーフにした抽象画を多く描いた人で、作曲家アルノルト・シェーンベルクとも親交がありました。二人の往復書簡は大変読み応えがあります。初めてシェーンベルクの室内楽を聴き、感動して描いた作品が《印象III〈コンサート〉》で、1月のデザインになっています。


ところで「芸術に科学を」というモットーは、20世紀前半という時代を感じさせますね。科学技術振興があらゆる分野に広がり、美術や音楽も大いに影響を受けました。カンディンスキーはひとつの象徴的な存在ではないかと思います。


100年経た今は、「科学に芸術を」ですね!

最新記事

すべて表示

この度、『音楽で世界を学ぶ』オンライン・プログラムを立ち上げました! https://www.music-forfuture.com/ ぜひ、お読み頂ければ嬉しく思います。 ●Vol.1「音楽で育てるクリエイティブ・マインド」 Music and Creativity | 音楽で世界を学ぶプログラム (music-forfuture.com) 10週間のプログラムで、1週間に1作曲家ずつ 解説を

この度、21世紀政策研究所(経団連シンクタンク)のニュースレターに寄稿させて頂きました。 http://www.21ppi.org/newsletter/index.html 『クリエイティブ・エコノミー、サステイナブルな資本主義に向けたリベラルアーツの試み ─企業活動と音楽、美術、歴史─』特集内です。 今春、同研究所で講演させて頂いた内容を元にまとめたものです。(「グローバル社会の未来を導く感性

この度、拙著『MIT 音楽の授業』(あさ出版、2020年)の韓国語版が出版されました! https://note.com/mit_music/n/na59321190db7 こちらは近未来的なイメージの表紙です。 韓国版には、「未来教育のための音楽と科学の人文学的融合」というサブタイトルがつけられているそうです。なるほど、的確です! また、すでにお読み頂いた方のご感想も掲載されているようです。 「