芸術家直筆の署名をデザイン化したカレンダー



ミサワホームさんより、毎年恒例アーティストカレンダーを頂きました。毎年一人の音楽家・芸術家直筆の数字や署名がデザインに組み込まれていて、なかなか素敵です!


2022年はワシリー・カンディンスキー。「芸術に科学を」を掲げ、円、直線、曲線などをモチーフにした抽象画を多く描いた人で、作曲家アルノルト・シェーンベルクとも親交がありました。二人の往復書簡は大変読み応えがあります。初めてシェーンベルクの室内楽を聴き、感動して描いた作品が《印象III〈コンサート〉》で、1月のデザインになっています。


ところで「芸術に科学を」というモットーは、20世紀前半という時代を感じさせますね。科学技術振興があらゆる分野に広がり、美術や音楽も大いに影響を受けました。カンディンスキーはひとつの象徴的な存在ではないかと思います。


100年経た今は、「科学に芸術を」ですね!

最新記事

すべて表示

昨今、リベラルアーツ教育やSTEAM教育といった言葉が教育現場でよく聞かれるようになりました。そこで、これまでに取材した世界のジュニア世代の音楽教育に関する記事を、一部ご紹介いたします。リベラルアーツの概念を具体化する一手段として、「自分を知る、他者を知る、世界を知る」で分類しました。ぜひご覧ください! グローバル世代のジュニア音楽教育 ~世界の10代はどんな音楽的刺激を受けている?

8月3日午前、一時的にカード決済画面へ到達できない状態となりましたが、同日13時10分に復旧いたしました。現在は通常通り、カード決済がご利用頂けます。 ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。