• Eriko

芸術家直筆の署名をデザイン化したカレンダー



ミサワホームさんより、毎年恒例アーティストカレンダーを頂きました。毎年一人の音楽家・芸術家直筆の数字や署名がデザインに組み込まれていて、なかなか素敵です!


2022年はワシリー・カンディンスキー。「芸術に科学を」を掲げ、円、直線、曲線などをモチーフにした抽象画を多く描いた人で、作曲家アルノルト・シェーンベルクとも親交がありました。二人の往復書簡は大変読み応えがあります。初めてシェーンベルクの室内楽を聴き、感動して描いた作品が《印象III〈コンサート〉》で、1月のデザインになっています。


ところで「芸術に科学を」というモットーは、20世紀前半という時代を感じさせますね。科学技術振興があらゆる分野に広がり、美術や音楽も大いに影響を受けました。カンディンスキーはひとつの象徴的な存在ではないかと思います。


100年経た今は、「科学に芸術を」ですね!

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

日経WomanのARIAアカデミーにて、インタビュー記事が掲載されました!拙著『MIT音楽の授業』を踏まえながら、ビジネスパーソンに求められる力を音楽でどう培うのか、などを語っております。ぜひお読み頂ければ嬉しいです。 2ページ目以降は有料会員限定になります(人文学の学びを重視する背景にある問題意識/技術力だけではイノベーションは起こせない/音楽を聴くことは、自分の内面を見つめること)。 インタビ